ページ ツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

 本章ではテレビ会議システムとその環境を形成する通信ネットワークの関係を解説します.ネットワークは,時代とともに進化し,帯域幅やアクセス方法が変わってきましたので,それぞれに適した形でテレビ会議システムの開発ならびに標準化が行われてきました.まず通信ネットワークの特性とシステム標準の系譜を述べ,次に各システムのプロトコル構成を説明します.それぞれの構成要素については先行の章で説明しましたので,この章ではトータル・システムの視点で解説します.
 続いてIPネットワーク利用のネックとなっていたNAT/Firewall越えの問題とソリューションを説明し,システムの進化に伴って発生する異種システム間接続に触れます.最後に,セキュリティとディレクトリー・サービスについて解説します.
 この章は次の10節から成っています.

  9.1 通信ネットワークの特性とテレビ会議システム
  9.2 プロトコルスタック
  9.3 ISDN上のシステムH.320
  9.4 IP網上のシステムH.323
  9.5 IP網上のSIPシステム
  9.6 H.323システムのNAT/Firewall越え
  9.7 SIPシステムのNAT/Firewall越え
  9.8 異種端末間通信
  9.9 テレビ会議システムのセキュリティ
  9.10 ディレクトリー・サービス

 また次のコラムを設けました.

  コラム9-1 回線交換対パケット交換
  コラム9-2 TCP対UDP
  コラム9-3 ゲートキーパの命名者は?
  コラム9-4 テレビ放送における低遅延映像伝送システムの利用

 

  • ラベルがありません