Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

栢野 正典 (かやの まさのり)

VTVジャパン株式会社

代表取締役

 

 

【一般公開版

 『テレビ会議教科書』の発行おめでとうございます,そしてありがとうございます.先生のこれまでの知見を形にして残していただけたことに深く感謝いたします.私が,この世界に飛び込んだ1995年当時には,映像コミュニケーション技術を学ぶ資料も乏しく,メーカーの技術者に教えを乞う日々でした.もしこの『テレビ会議教科書』があれば,苦労は10分の1に減っていたかも知れません.まさにこれからテレビ会議に携わる人たちにとってのバイブルになってくれるものと思います.きっと,この教科書で学んで人たちが,次の時代の扉を開けてくれることでしょう.
 先生の職業人生活の始まりが1964年と聞き,改めて,先生とテレビ会議との関わりの長さに驚かされました.ちなみに,私が生まれたのがその翌年の1965年になります.先生の職業人生活1年目に生まれた私が,同じテレビ会議をテーマとして,ご一緒に仕事をさせていただけていることは幸せの限りです.願わくは先生の職業人生活と私の年齢差の1年がずっと続くことを信じてやみません.
 初めて先生にお会いしたのが1998年,もう既に18年が経ちます.その間,テレビ会議の技術も随分と進歩しました.当事はISDN全盛の時代でありH 初めて先生にお会いしたのが1998年,もう既に18年が経ちます.その間,テレビ会議の技術も随分と進歩しました.当時はISDN全盛の時代でありH.320準拠のシステムが主流でしたが,IP化の流れとともにH.323準拠主流へと変化して来ました.製品のダウンサイジングが進むにつれ低価格が実現し,導入の敷居も随分と下がり,普及が進んできました.更に,昨今は他の技術との融合や多様なニーズに対応するため,製品としてもテレビ会議だけでなくWeb会議,ユニファイドコミュニケーション,ビデオチャットともはやテレビ会議では括れなくなってきています.
 そういった中で,『テレビ会議教科書』は映像コミュニケーション技術を学ぶ方たちにとって,知識の礎になってくれるものと思います.できる限り多くの方に利用していただき,更にその知見を広げていっていただくものと信じております.
 最後になりましたが,先生の今後のご健康と大好きな広島カープの日本一を祈願して,お祝いの言葉に代えたいと思います.

2017年4月17日

 

【社内レビュー版】

 『テレビ会議教科書』の発行おめでとうございます,そしてありがとうございます.先生のこれまでの知見を形にして残していただけたことに深く感謝いたします.私が,この世界に飛び込んだ1995年当時には,技術的なことを学ぶ資料も乏しく,メーカーの技術者に教えを乞う日々でした.もしこの『テレビ会議教科書』があれば,苦労は10分の1に減っていたかも知れません.まさにこれからテレビ会議に携わる人たちにとってのバイブルになってくれるものと思います.きっと,この教科書で学んで人たちが,次の時代の扉を開けてくれることでしょう.
 先生の職業人生活の始まりが1964年と聞き,改めて,先生とテレビ会議との関わりの長さに驚かされました.ちなみに,私が生まれたのがその翌年の1965年になります.先生の職業人生活1年目に生まれた私が,同じテレビ会議をテーマとして,ご一緒に仕事をさせていただけていることは幸せの限りです.願わくは先生の職業人生活と私の年齢差の1年がずっと続くことを信じてやみません.
 初めて先生にお会いしたのが1998年,もう既に17年が経ちます.その間,テレビ会議の技術も随分と進歩しました.当事はISDN全盛の時代でありH.320準拠のシステムが主流でしたが,IP化の流れとともにH.323準拠主流へと変化して来ました.製品のダウンサイジングが進むにつれ低価格が実現し,導入の敷居も随分と下がり,普及が進んできました.それに呼応しながら当社も10名に満たない人数から40名へ届くかの規模へ成長してまいりました.その中で,先生には様々な形で支援をしていただいて来ました.セミナーでの講演,社内での技術教育や助言.私だけでなく社員全員にとっても頼りになる存在として活躍いただき,まだまだこれからも活躍いただけると思っています.
 またその知見だけでなく,人柄におかれましても,柔らかで繊細な感覚を持たれており,社員全員から慕われておられます.先生も当社も,テレビ会議一筋で進んで来ました,継続を尊ぶ当社の社風にとっても先生の存在感は大きなものであります.
 当社では,中長期計画のもと,新たなフェーズへの事業展開を進めております.その中の大きな課題として,価値を生み出す仕組み作りを目指し,その実現のため,知見を文章として蓄積していく取り組みが必要となってきています.先生に残していただいた『テレビ会議教科書』は,コンテンツそのものの価値もさることながら,知見を系統立てて残す行為自体が,当社にとってのお手本そのものです.また,記録メディアとして,知見を蓄積するツールとして,これから導入を行う予定の「Confluence」のテストユーザーとなって使用いただいたことにも感謝する次第です.
 我々も先生の知見を残す精神を引き継ぎ,第二,第三の『テレビ会議教科書』を次の世代へ残せるように,大いに学び,そして残し継承していきたいと思います.末尾になりましたが,先生のご健康と広島カープの日本一を念じて,結びにさせていただきたいと思います.

2016年1月8日